自家用車の維持費にはいくらかかる?

知っておこう!自動車を維持するために必要なお金

PICK UP!

車は生活に欠かせない

自動車を所有すると、自動車税という税金を支払う必要があり、これは一回のみ支払えばよいものではなく毎年徴収される税金です。 税金が発生するのを忘れていて、納付書がきてから慌てることのないように、自動車税の概要についてきちんと知識をつけておく必要があります。

PICK UP!

車検代と保険代

自動車を所有している以上、一定期間ごとに車検を受ける必要があるため、車検代も車を持つうえでの固定費として頭に入れておく必要があります。 また、自動車を所有するうえで、自賠責保険だけでは万が一の時に対応しきれませんので、保険代に関しても必要な費用として見積らなければなりません。

自動車税について知ろう

現代においては、都心の一部など、バスや電車などの交通機関が発達していて車がなくても不便がない地域以外の方は、自家用車を所有している人がほとんどですよね。
一家に一台はおろか、公共交通機関がほとんどない田舎などであれば、一人一台所有しているケースも珍しくありません。
自動車があれば、時間などを気にすることなくいつでも好きな場所に行くことができ、非常に便利です。
徒歩や自転車で行く際には時間がかかる場所であっても、自動車であれば簡単に行くことができるため、もはやわたしたちの普段の生活において欠かせないものとなっていますよね。

特に、こどもや老人が家族にいる場合には、自動車の所有はもはや必須とも言えるのではないでしょうか。
例えばこどもの習い事の送り迎えの際や、老人の病院への通院時などは、自動車があればやはりとても便利です。
また、普段の生活でも少し足を延ばして買い物に行きたい際などは、自動車の出番になりますよね。

このように、わたしたちにとって、とても身近な存在である自動車ですが、これから購入を検討している場合には、購入費用だけでなく維持費が必要となるということをきちんと知っておかなければなりません。
地域によって必需品ではある自動車ですが、やはり贅沢品には違いなく、所有するうえでかかる維持費というのは決して安くはないのです。

自動車を所有することで、一体どの程度お金が必要になってくるのかをしっかりと把握し、購入してから慌てることのないようにきちんと準備しておくとよいでしょう。

ガソリン代や駐車場代も必要

自動車はただ置いておくだけでなく、目的地までの移動手段として走行させるために使うわけですから、当然ガソリン代がかかります。 また、賃貸などにお住まいですと、住居費用とは別に駐車場代などもかかりますので、その分のお金もしっかりと見積もる必要があるでしょう。

TOPへ戻る