知っておこう!自動車を維持するために必要なお金

車は生活に欠かせない

自動車税に関して

自動車税は、4月1日時点での自動車の所有者に対して毎年課せられる税金で、車を所有している限り払うことが義務になっています。
毎年だいたい5月頃に所有者に対して納税通知書が送付され、5月末日までが納入期限となっているため、意外と家に通知書が届いてから納入期限までが短いですから、忘れずに支払いを済ませる必要があります。
万が一支払い期日を過ぎてしまいますと、延滞金が発生しますので、早めに納入しておくことが望ましいです。

また、この送られてくる納税通知書は、車検の時に必要となる納税証明書にもなりますので、捨てることなくしっかりと保管しておきましょう。
納税証明書をなくしてしまいますと、車検を受けるにあたっての手続きなどが面倒になる可能性が高いため、きちんと手元に残しておくことが大事です。

自動車税の金額

自動車を所有している人に課せられる自動車税ですが、気になるのはその金額ではないでしょうか。
自動車税の負担はいくらなのかと言いますと、それは車の総排気量によって異なり、軽自動車の場合は一律10800円となっています。
一方で、普通自家用車の場合ですと、排気量が1リットル以下の場合で29500円、その後0.5リットル総排気量が増えるごとに税金の金額が上がっていきます。

また、年数が経過した自家用車の場合、さらにプラスで増税されますので、上記の金額よりも高くなることがあるという点を抑えておかなければなりません。
一方でエコカーですと、減税制度があり税金が安くなりますので、所有している車によって負担する税額が大きく変わりますので、自分の収入に対して負担がないかどうかを検討したうえで購入するようにしましょう。


TOPへ戻る