知っておこう!自動車を維持するために必要なお金

車検代と保険代

車検代について知ろう

乗用車の場合、最初の車検は新車登録の3年後、その後は2年ごとという風に有効期間が定められており、車検証の有効期限が切れた車は公道を走らせることができません。
もし、有効期限が切れている車で街を走行した際には法律により罰せられますので、必ず受ける必要があるのです。

車検の内訳としては、まず法定費用と車検基本料に分けられるのですが、法定費用には自賠責保険料などが含まれていて、軽自動車と自家用車で金額が異なります。また、自家用車の中でも重量によって金額が異なっており、重い車ほど金額が高く設定されています。

車検基本料に関しては、車検の業者によってかかる費用が違いますし、車の整備代などにより上乗せされることもあるため、同じ車であっても前回の金額と異なるというケースも多々あります。

任意保険の加入はほぼ必須

自家用車の保険は、大きく自賠責保険と任意保険に分かれており、自賠責保険は加入が義務付けられているもので、車検の際に支払うのが一般的です。
一方で、任意保険に関してはその名の通り保険の加入が自由ではあるものの、自賠責保険だけですと万一の事故の時などに対応しきれないため、現状ではほとんど全ての方が加入しています。
そのため、任意保険の費用というのも、自家用車を所有するうえでは必須の費用として、最初から考えておいた方がよいでしょう。

任意保険の金額ですが、これはどこまでの補償範囲をつけるかによって異なりますし、保険会社ごとによっても金額は違います。
また、過去に事故歴などがある際には保険料が高くなることもあるため、まずは保険会社に見積を出してもらい、その金額での契約に納得できるかどうかという事になってくるでしょう。


TOPへ戻る